SSブログ

昨年度、最も変化したサボテン [栽培]

昨年度、いちばん変化の激しかったサボテンは、なんといっても復活した真珠です。ブログでも何度もとり上げているので重複もありますが、瀕死状態だった昨年5月から年末の復活の様子を画像で並べてみました。しつこく掲載するのは、愛着のあった苗だったので、復活劇が感慨ひとしおなのです。


sr20100526IMG_3923.jpg5月26日

ほとんど根がなく、カラカラにしぼんでいます。植え替えをサボったことがこじれの原因と思います。ダメモトという感じでハウスの隅っこに置いて発根を待っている状態。


sr20100811IMG_0028.jpg8月11日

7月頃、新トゲが頭を出しているのを発見して、まだ生きていると感じた頃。根を張り始めたようで、用土をつかんでいる風です。この新トゲさえ出てくれれば、復活すると確信しました。縮んでいた体がどんどんふくらんできました。


sr20100830_2_0006.jpg8月30日

かなりはっきりと体のサイズが元に戻り、2番目の新トゲが顔を出し始めました。不思議ですが汚れていたトゲもなぜかきれいになっていくんですね。トゲにも血が(?)通っていて生気が戻るみたいです。


sr20101108P1010508.jpg11月8日

3番目の新トゲが出てきて、病気から立ち直り健康体になり、さらに逞しく成長している感じが伺えます。


sr20101229P1010114.jpg12月29日

この頃に、休眠に入ったようです。3つの新トゲも伸びきって動きがなくなり、あとは来春の到来を待っているようです。春先に植え替えをしてあげる予定です。
5月の姿を振り返ると、あれだけシワシワでも生き延びようとチャンスを待っていたわけで、サボテンが秘めている生命力は本当にすばらしいものがあります。まるで、あきらめてはいけないのだとメッセージを送っているような気もしました。




人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

おたやん

すばらしい復活劇ですね。トゲや肌が生き生きと変化した様子が良く分かります。見ていて私もうれしい気持ちになりました。
我が家にも調子の出ない子たちがいます。これから春に向かってどう動きだすのか楽しみにしています。これまでの栽培環境に対しての答えを出してくれるものと思っています。
by おたやん (2011-01-06 22:01) 

saborich

根が無くなりしぼんでしまった時は、もうあきらめ半分でした。日の当たらない隅っこの鉢の用土に、ダメモトでのせておいたものです。こんな姿になっても枯れずに、内部に生命を宿していることに驚きです。人間の尺度でサボテンを理解することはできませんね。
栽培は、けっきょく人間とサボテンのやり取り(会話)の集積なんだなと思います。のびのびとさせてやれば、サボテンはどんどん応えてくれます。

by saborich (2011-01-07 00:09) 

さぼちゃんだいすき

こんにちは、いつもブログ拝見させてもらってます。
真珠の話、すばらしいですね。こんな風に復活することもあるんですね。以前,順調に育っていた日の出丸がへそを曲げ,発根せずに1年余り,ついに最後は黄色く萎びちゃいました。
by さぼちゃんだいすき (2011-01-07 12:18) 

saborich

こんにちは。いつも訪問していただいてありがとうございます。この真珠のトゲは、昔とてもきれいで大切だったので、こじれた時はほんとうにガックリとへこみました。(植え替えをしていないで大切にしているとは言えませんけど・・・)
比較的大きな苗の場合、根がやられても本体が健康ならば、何とかなるものだと思いました。体力があるのでしょう。小さい苗は、そのまま枯れてしまうことが多いですね。

by saborich (2011-01-07 17:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0